建物の整備や環境を整えるためjに、行う事は沢山ある。

取り付け工事とは

インターホンの取り付け工事って出来るの?

インターホンが壊れたりモニター付きのインターホンなどに交換される時って簡単に出来るのかな?線とかどうやって変えるの?大変そうだし費用高そうなど不安になる方も多いと思いますが実はとっても簡単なんです。しかし、取り付けの際は電気工事の資格を持った方が行わないといけませんのでご注意ください。 まず、よっぽどの(途中で線が切れてるなど)事がない限り現状のインターホンに接続されている線のみで問題ありません。ただし基本的に親機(室内)に電源線が接続されていますがコンセントで接続されている場合、コンセントが露出になるのでそれが目立つから嫌だとなると壁の中に電源線を隠蔽する工事が別途必要になります。 そういった特別な事がない限りインターホンの取り付け作業は10分程度で出来ちゃうものなんです。現状のもの同様に線がささっている通りに接続すれば取り付け完了なのです。 簡単ですが感電の危険性もあるので取り付けの際はくれぐれもお近くの電気屋さんにお願いしましょう。

モニター機能付きインターホン取り付けが現在の主流です

インターホンは昔は単に来客を知らせるだけの設備でした。お客が家主に訪問を知らせるために、音が鳴るだけで要件が足りたのです。しかし現在は一人暮らしの家庭も増えてきており、より防犯機能が重視されるようになってきています。そこでインターホンにモニター機能を取り付けたり、子機を取り付けたりする家も増えています。カメラが付いたインターホンなら、玄関のドアを開ける前に訪問者の顔を確認し、強引な訪問販売や迷惑な勧誘を扉を開けずに断ることが出来ます。 今では高性能のインターホンも開発されており、留守がちな家庭においてはインターホンに録画機能を取り付け、留守中の来客をチェックすることも可能になっています。 インターホンの改良や新規取り付けを業者に依頼する場合、相談や現地調査と見積もりを無料で行ってくれる良心的な業者を選択するのが安心です。

Copyright (c) 2015 建物の整備や環境を整えるためjに、行う事は沢山ある。 all reserved.