建物の整備や環境を整えるためjに、行う事は沢山ある。

工事について

傷がついたり古くなっらアパートの修繕は専門業者に依頼して元通りに戻してみましょう。大規模修繕も依頼可能ですよ。

原状回復工事の特徴について

原状回復工事とは、賃貸住宅の借主が賃貸物件を返却するときにその住宅を元通りに戻す工事のことです。原状回復義務という規定が民法に載っていますが、通常はその法律に基づいて、契約時に渡される重要事項説明書に書かれていることが多いのです。もし、借主が部屋を壊した状態で退去をする場合、つまり原状回復工事をしないまま出ていく場合は入居時に預けた敷金から原状回復工事にかかった費用を引かれてしまいます。この原状回復工事が問題になるのはどの範囲まで借主が原状回復工事をしなければならないかということです。この点、すべてを借主が原状回復しなければならないと考えてる人もいますが、実際には、借主が通常の使用により汚したり傷つけた部分については原状回復工事をしなくていいのです。

よく問題になることとは

原状回復で問題となるのは、賃貸物件のオーナーが敷金を一切返却してくれない場合です。普通に使用している場合は敷金をすべて使ってしまうことはありえず、不当なオーナーの行為が裁判にまで発展した例も何度もあるのです。事前の対策として、部屋の写真を撮って保管しておきましょう。いざいというときに写真があればオーナーに対抗できるからです。また、退出の時に第三者に立ち会ってもらうという方法もあります。立ち合い業者というのがあり、公平の視点で立ち合いをしてくれます。もし、オーナーが敷金を返還してくれないとすれば、その敷金の返還請求をしてみましょう。もしそれができないのであれば、どこにいくら使ったのか明細を見せてもらうべきです。

価格について

最近、話題になっているものには現状回復工事と呼ばれているものがあります。工事内容には様々な種類があるため、内容によって工事代金が異なるため、依頼前に値段を確認する必要があります。

Read More

点検が大事

24時間毎日使われているエレベーターですが、トラブルが起きてしまった場合、エレベーターの中に人が閉じ込められてしまうことがあるため、定期的にエレベーター保守を行なうことが大切です。

Read More

明るい部屋に

最近では、部屋の電球をLED交換することが流行っています。初期費用がかかりそうなイメージがありますが、照度を下げずに節電が行えるため、経済的に安価に利用することができます。

Read More

取り付け工事とは

話題を集めていることにはインターホンの取り付け工事がありますが、意外にも簡単にできます。しかし、自分で取付けると感電の危険性があるためプロの業者に依頼する必要があります。

Read More

Copyright (c) 2015 建物の整備や環境を整えるためjに、行う事は沢山ある。 all reserved.